浮気調査を依頼する人が多い理由

興信所と聞くと、とても重大な事件を扱うところというイメージが強いかもしれません。もちろん、事務所の特性や規模によっては、企業との契約で大きな仕事を専門にするところもあります。

しかし一般的な事務所が依頼をうけることが多いのは、浮気調査や素行調査といった個人的な案件といわれています。

とはいっても、いままで興信所に依頼したことのない人が相談するには、躊躇してしまうかもしれません。そもそも、夫などに浮気の疑いがあるからといって、興信所に調査を依頼するというのは、費用の心配もあって、大げさだと考える人は多いでしょう。

けれども、浮気調査という、シロかクロかも定かでないような個人的な案件を、あえて興信所に依頼する人が多いという事実には、それなりの理由があるものです。

もっとも大きな理由は、まさにシロかクロかが分らないからこそ、第三者であるプロの探偵に依頼するのだ、ということです。

もしも、興信所に依頼するのではなく、自分でこっそり調べたとしましょう。その結果、クロだったことがはっきり確認できる場面を自分で見てしまうのは、精神的なダメージが非常に大きいものです。

いっぽうで、シロだとはっきり確認できる場合というのは、実際にあるでしょうか。浮気の場面というのは明白ですが、誤解かどうかは何をもって判断できるのか、考えてみるとあいまいなものです。

ですから多くの人は、本当にシロだと納得できるまで疑い続けます。結果的に行動が夫にばれて、実際にシロだったとしても険悪な関係になり、破局を迎えてしまう悲しい事例がたくさんあるのです。

そのように、本人が自ら調査に乗り出すことには、結果がどうであれ、さまざまな面でリスクをともなうのです。興信所に相談する人が多いのは、そうした不幸を招くリスクを低減できるからに他なりません。

興信所に依頼すると、浮気の現場を客観的な証拠をもって記録してくれます。また仮に誤解だったとしても、一定の調査記録を明確に提示し、浮気の事実が存在するか否かを、第三者の目で客観的に示してくれます。

もちろんプロですから調査の様子がばれるという心配をする必要がなく、仮に相手が雰囲気を察知したとしても、依頼者の影を特定することはないのです。

浮気調査を依頼する側の厳しい点は、何より本当に浮気が事実だったとわかったときのショックでしょう。そのショックを、第三者の目によって緩和してもらうことは、その後の依頼者の生活を再スタートさせる上でも、とても大きな利点だといえるでしょう。